★ KAZEMACHI SKYMATE ☆ 情報BOX ★
[リストに戻る] [ホームに戻る] [新規投稿] [スレッド表示] [トピック表示] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
風待ちより転載 6. - uematsu@skymate 2004/10/28(Thu) 02:03:56 No.45

風待ちより転載 6. 投稿者:uematsu@skymate 投稿日:2004/10/28(Thu) 02:03:56 No.45
風待ちの皆様へ 投稿者:おねえちゃん  投稿日:10月27日(水)09時01分4秒


この10月25日にやっと裁判が終わりました。

長い長い苦しい戦いでした。妹恭子の不慮の死というショックに加えて、その原因を知りたいという肉親として当然の希望が満たされず、やむを得ずとった手段について、遺族である私たちは、パラグライダー業界に敵対するものである、との非難に曝され、原告である両親は、傷つき、心身ともに疲れました。
そんなとき、裁判所が、「和解」を提案されましたので、迷った末、受け入れることとしました。
風待ちの皆様には大変お世話になりまして、ありがとうございました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

この裁判は、妹恭子の遺族と、妹恭子のパラグライダーの仲間の戦いとなりました。そのため、
パラグライダーや競技会のことが全く分からない遺族である私たちは、途方にくれました。
その私どもに、援助の手を差し伸べてくださった方々が、競技を全くなさらない一般のフライヤーの方々と、風待ちの方々だったのです。

パラグライダー競技会で身内を亡くし、パラグライダーのことも、競技会の仕組みも知らない遺族の言い分を裁判所に届けてくださったのです。そのためには、いろんな方々の、筆舌に尽くせないお力添えなくしては、この内容での和解というものは、あり得ないものだったと言うことを、改めて感じております。感謝の気持ちで一杯です。

この風待ちに投稿されている皆様は、妹恭子同様、本当にパラグライダーを愛し、パラグライダーというスポーツをよりよいものにしていこうというお気持をお持ちです。真剣に議論され、人としての品性を高めていこうとされています。

これから先もずっと、和泉恭子という、パラグライダーが大好きだったのに、公式大会で、競技中、荒れた天候と安全でないプロト機によって、命を落としてしまった女の子がいたんだ、ということを忘れないで、思い出して頂きたいと思います。

この裁判を通じて、いろいろなことが問われました。今は詳しいお話をするのは避けますが、いずれ少しずつ整理して発表できたら、お知らせしたいなあと思っております。

そして、裁判をするには金銭的にも・体力的にも、大変な労力を必要とします。でも結局裁判で戦うことによってのみ、遺族は癒され、理不尽な仕打ちによるどん底の悲嘆から立ち直るきっかけを掴むことができるのです。
この「和解」によって得られた300万円というお金は、両親にとっては、支援して下さった方々の好意の証に外なりません。
そして、裁判所のご尽力により、この和解に表明された安全への誓いが、口先だけのことに終わらず、これから、ずっと、守られていくように願って、恭子の裁判が無駄にならないようにするために、和泉恭子基金を作りたいと思っています。
これから裁判を起こそうとしている方への支援に役立ちたいと思っております。

両親は和解金300万円に感謝の気持ちから200万円を上乗せし、500万円の基金にしたいと申しております。

恭子が好きだったパラグライダーというスポーツは、ごく最近まで、両親にとっては、実は、娘を奪った憎いパラグライダーでした。両親は、長い間その思いに苦しんでおりましたが、この度、事件解決を機に、その思いもふっきれ、いろいろな方々に励まされ、心からお礼を申し上げられる気持ちになりました。

最後に皆様のご活躍とパラグライダースポーツの発展を、心から祈っております。
本当にありがとうございました。


- 返信フォーム

お名前
Eメール
タイトル
メッセージ
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色